見る・遊ぶ 学ぶ・知る

大阪城天守閣 登閣証明書を限定配布

5千名限定で登閣証明書が配布される

5千名限定で登閣証明書が配布される

  •  
  •  

 今年で復興88周年を迎える大阪城天守閣。2019年11月7日に先着5千名限定で登閣証明書が配布される。

 現在で3代目となる大阪城天守閣。天正13年(1585)に豊臣秀吉が初代天守閣を建て、慶長20年(1615)5月7日に「大坂夏の陣」で焼失。その後徳川幕府が2代目天守閣を再建するが、寛文5年(1665)正月2月に落雷で焼失。現在の天守閣は、昭和天皇即位の御大典記念事業として大阪市民の寄付金により昭和6年(1931)11月7日に復興されたもので、大阪城史上もっとも長寿になるという。

[広告]

 「昭和、平成を経て、令和を迎えた3代目天守閣の更なる長寿を願い、復興記念日にあたる11月7日に毎年催しを行っていきたい」と同城の広報担当者は語る。

 配布日時は 11月7日 9時~ (無くなり次第終了)。入館料は600円。中学生以下、大阪市在住65歳以上(要証明)、障がい者手帳持参の人は無料。

  • はてなブックマークに追加