学ぶ・知る

「大阪城大茶会」開催へ 秀吉の「北野大茶湯」モチーフに

会場のイメージ

会場のイメージ

  •  
  •  

 大阪城天守閣の向かいに位置する複合施設「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」(大阪市中央区大阪城1)内にある「THE LANDMARK SQUARE OSAKA(オオサカ)」の屋上ブルーバーズルーフトップテラスで6月16日、「大阪城大茶会」が開催される。

豊臣秀吉が開催した「北野大茶湯」跡の石碑

 大阪城を一望できる立礼式(りゅうれいしき)の特設茶室で、専門のスタッフがたてたお茶と干菓子を楽しめる。ブルーバーズルーフトップテラス、マネージャーの並木篤さんは「秀吉の大阪城と茶道を通じた伝統的な文化の融合を感じてほしい」と話す。

[広告]

 1587年に豊臣秀吉が開催した、庶民から大名まで身分の分けへだてなく参加することができた大茶会「北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)」がモチーフ。訪日外国人観光客でも参加できるように、英語のガイド資料が用意されるなど初心者でも気軽に参加できる。並木さんは「北野大茶湯と同様に年齢、国籍を問わず、気軽に日本の伝統文化を体験できる楽しいイベント」と話し、参加を呼び掛ける。

 11時~、12時~、13時~、14時~、15時~の5部制。参加費は500円。定員は各部80人。

  • はてなブックマークに追加