旭区の和洋創作料理店、改装でカウンター一面にウォールシャンデリア

カウンター一面をウォールシャンデリアの照明が優しく演出

カウンター一面をウォールシャンデリアの照明が優しく演出

  •  
  •  

 今年で7周年目を迎える旭区の和洋創作料理店「AS ONE(アズワン)」(大阪市旭区中宮5、TEL 06-6954-2141)が3月20日、リニューアルオープンした。店内は南国テイストで、家具はバリから直接仕入れた。13坪の広さにカウンターを中心とした1階と、2階のプライベートサロンを含めた計33席を設ける。

 今回リニューアルしたのは1階のカウンター部分。光を透過する天然の石材「ウォールシャンデリア」をカウンター一面に使用した。白熱球やLEDなど、いろいろな光を組み合わせて背面から当てることで、間接照明効果で多彩な照明の演出ができる。「これを店舗で使用したのは日本で初めて。高級感もあるし、直にライトをあてないからまぶしくもない。『女性もキレイに見える』と反響もいい」(マスターの中西義男さん)と、早くも照明効果を実感しているという。

[広告]

 カウンター席はゆったりした間隔で配置され長時間くつろげるようにした。和食とイタリアンを中心にしたメニューは、「手作りおいしいラザニア」(480円)、ハワイアンロコモコ(980円)、「手作りローストビーフ野菜いろいろ添え」(780円)などのほか、その日に仕入れた旬野菜や魚などで作るおすすめメニュー(20品)も用意する。

 同店は、深夜3時まで営業しているため、バーやカフェ利用も可能。「酒を飲めなくても雰囲気を楽しめるノンアルコールカクテルも好評。お好きなものをオーダーしてもらえたら、どんなものでも無限に作れます」(同)という。昼間はランチ営業も行う同店。「城北公園沿いを歩いてすぐなので、お散歩がてら気軽に立ち寄ってください」(同)とも。

 営業時間は、昼=11時30分~14時30分、夜=18時~翌3時。

グルメコレクション

  • はてなブックマークに追加

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?