京橋の韓流ショップ「韓流コレクション」、売り上げ好調で店舗拡大も

京橋の韓流ショップ「韓流コレクション」スタッフの黒木さん

京橋の韓流ショップ「韓流コレクション」スタッフの黒木さん

  • 0

  •  

オープンから7カ月を迎えた京橋の韓流ショップ「韓流コレクション」(大阪市都島区東野田町4)が現在、「売り上げ好調」につき店舗拡大に向け準備を進めている。

店内所狭しと並ぶ韓流グッズ

「京橋から韓国の文化を発信したい」という店長・江畑一作さん(37)の思いで3月10日にオープンした同店。韓国文化と言えば鶴橋を思い浮かべる人が多いが、「夜遅くまで営業したいので、深夜ににぎやかな京橋にした」という。

[広告]

店内には、アーティストグッズ・CDのほか、韓国の雑貨や食料品、化粧品など1000点以上のアイテムをそろえる。商品は社員が毎月1回韓国に行き、現地の売れ筋をリサーチして選ぶ。一番人気は俳優のチャン・グンソクさんのグッズで、売り上げの約3割を占める。その中で最も売れているのが、出演ドラマ「美男ですね」に登場するキャラクター「ぶたうさぎ」の携帯ストラップ(450円)。

同店では、アーティストのリリース・来日情報を店内に掲示したり、ホームページで発信したりするなど、「京橋からの情報発信を意識している」という。大阪城ホールで韓国スターのコンサートが開かれた後は、北海道など遠方からの客も訪れる。

オープン当初、客層は30~40代の女性を想定していたが、それに加え60代の母親や小学生の娘を連れて来店する家族連れが多く年齢層は幅広いという。さらに、「意外に多いのが男性客。京橋ならではの現象かも」と江畑さん。売り上げは順調で、現在は1階のフロアだけで展開している店舗を、2階の事務所スペースまで広げようと検討中。

「京橋のバーで知り合った人と酒を飲みながら店の構想を膨らませた」という。「京橋は常連が集まる街。近隣の韓国料理店とも協力し合って韓国文化の発信地として腰を据えて商売していきたい。近く2号店も京橋に出したい」と意気込みを見せる。

営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?