食べる

関目のコーヒー専門店で「アナエロビック」 倍以上の価格でも売り上げ好調

コロンビアのエルパライソ農園の豆(100グラム1,100円)

コロンビアのエルパライソ農園の豆(100グラム1,100円)

  • 6

  •  

 城東区の「コモレビコーヒー焙煎(ばいせん)所」(大阪市城東区関目1)で「アナエロビック」コーヒーが人気となっている。

店主・中冨大樹さん

 アナエロビックとは、通常は酸素がある状態で行うコーヒー豆の発酵を無酸素状態で発酵させる方法。これにより、有酸素状態では活動しない微生物が活動し、これまで出なかった香りが生じるという。店主の中冨大樹さん(40)は「風味豊かで一口飲めば違いを感じる個性あるコーヒー。値段は高いが支持を得られるのではと思った」と話す。

[広告]

 今回仕入れたのは南米コロンビアのエルパライソ農園の豆。100グラム1,100円と店で扱う他のコーヒーの倍以上の値段だが、10月1日に販売を始め、現在は10キロ仕入れた豆が間もなく売り切れるという。購入した顧客からは「味わったことのない新鮮なコーヒー」「ストロベリーの味を感じてフルーティー」など好評を得ているとも。

 中冨さんは「年内に売り切れたらよしと思っていたが、想定以上に好評いただいた。このようなコーヒーを薦めるくらいお客さんとの関係が深まったと感じるので、今後も機会を見つけてアナエロビックを仕入れていきたい」と話す。

 営業時間は10時~19時。火曜定休。

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?