見る・遊ぶ 学ぶ・知る

学生が手掛ける野外フェス「やおーん!!」10周年 「過去最高の熱意伝える」

学生が作りあげる野外音楽フェス 昨年(やおーん!!2018)のステージの様子

学生が作りあげる野外音楽フェス 昨年(やおーん!!2018)のステージの様子

  •  
  •  

 大阪城音楽堂(大阪市中央区大阪城3)で9月1日、学生が手掛ける音楽イベント「やおーん!!2019」が開催される。

昨年の様子(集合写真)

 放送芸術学院専門学校と大阪アニメーションスクール専門学校が主催する同イベント。「先輩方が代々作ってきたこのイベントも今年で10年目。記念すべき今年の演出を担当できて本当に嬉しい」と話すのは、総合演出を努める放送芸術学院専門学校メディアクリエイト科ライブイベント制作コースの2年生・上川裕里加さん。昨年は舞台袖でアーティストの誘導などを担当していた。「先輩たちが学生だけで野外フェスを手掛ける姿が凄いと思った。普段は体験できない多くのことを学ぶことができた」という。

[広告]

 今回出演するアーティストは全7組。2年連続出場の「The Floor」は、北海道札幌市在住のスリーピースバンド。王道といえるギターロックが持ち味の「ドラマチックアラスカ」は2年ぶり。「パノラマパナマタウン」は熱いライブパフォーマンスが魅力的だという。ほかにも人気アニメのテーマソングを手がけた「Brian the Sun」や昨年全国ツアーで大成功を収めた「おいしくるメロンパン」など名だたるアーティストが共演。大阪府立枚岡樟風高校の軽音部で結成された「血みどろバニーちゃん」と、大阪市出身のシンガーソングライター「Tiny」はオープニングアクトを努める。

 「『やおーん!!』は、学生が一致団結できるイベント。過去一番学生たちの熱意が伝わるようにする」と意気込む上川さん。総合演出を担いつつスタッフTシャツのデザインまで担当した。「スタッフからお客さんに向けてサプライズもあるので、楽しみにしておいてください」と呼び掛ける。

 14時開場、15時開演。料金は前売り当日とも500円。小学生以下無料(要保護者同伴)。

  • はてなブックマークに追加