天気予報

18

16

みん経トピックス

大阪城にクラフトビール集結大阪城ホールで踊りの祭典

咲くやこの花館で「ムーンナイトガーデン」 幻想的な植物と音楽と味がコラボ

咲くやこの花館で「ムーンナイトガーデン」 幻想的な植物と音楽と味がコラボ

ライトアップの様子

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・花博記念公園鶴見緑地の「咲くやこの花館」(大阪市鶴見区緑地公園2 TEL06-6912-0055)で10月6日、「ムーンナイトガーデン2017」が始まる。

「ムーンナイト・カフェ」のカクテル

 園内の植物ライトアップや「月」をテーマにしたコンサート、カフェを展開する同イベント。同館で現在、昼間行われている「ハンキングバスケット&コンテナガーデンショウ」を中秋の名月に合わせ夜バージョンとして幻想的にライトアップする。

 ハンキングバスケットは、花を寄せ植えしたバスケットを壁に掛けたりつるしたりして鑑賞する物。イベント開催時は「咲く『夜(や)』この花館」と銘打った。

 ステージでは、6日は民謡中心の盆踊り、7日、8日はフラダンス、9日は「ニューフィルハーモニック大阪」による木管五重奏を行う。

 「ムーンナイト・カフェ」では、タパスやフォトジェニックなカクテルを販売するほか、日替わりメニューも用意する。

 同館の西谷さんは「昼間の印象とは違う屋外のライトアップ演出で、月とガーデンを一緒に楽しんでもらいたい。見て、聴いて、食べて楽しいナイトガーデンにご来場いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は18時~21時。入場料は、高校生以上=500円。中学生以下・浴衣着用の人・障がい者手帳のある人は無料。10月9日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

京橋のラーメン「ササラ」10周年 天満橋ササラ 京橋店よりも先に営業を始めた。カフェシノアササラがあった谷町四丁目・徳井町のすぐ近くにあり、官庁ビジネスマンたちが多く訪れる。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?

アクセスランキング