見る・遊ぶ

外国人観光客の「困った」を解決する1分間番組、NHK大阪が制作

思わずクスッと笑ってしまうマイケル(浜本さん)とガイド(白川さん)のやりとり。日本語訳のテロップも入る。

思わずクスッと笑ってしまうマイケル(浜本さん)とガイド(白川さん)のやりとり。日本語訳のテロップも入る。

  •  

 NHK大阪放送局(大阪市中央区大手前4)が外国人観光客に向けた1分間の番組「ONE MINUTE ADVISER(ワン・ミニット・アドバイザー)」を制作し、今月からウェブサイトで公開している。

日本人でも知らなかった現金の引き出し方も

 60秒で構成する同番組。「関西空港駅への行き方」「銀行以外で現金を引き出す方法」など外国人観光客が日本を訪れて戸惑う局面を想定し、対処方法を伝える内容。アメリカで英語漫才の公演をした実績を持つお笑いコンビ「テンダラー」の白川悟実さんと浜本広晃さんが笑いを交えて出演。日本を訪れたマイケル(浜本さん)が迷っているところにガイド役の白川さんが現れ手助けをする。やり取りもナレーションも全て英語。ナレーターは、小学校時代アメリカで過ごした田代杏子アナウンサー。

[広告]

 同番組を企画したのは同局ディレクターの竹下健一郎さん(41)。通訳案内士の資格を持つ竹下さんは、インバウンドの現場に興味を抱き取材している中で「日本を訪れた外国人が何気ないことで困っている」ことに着目。日本のテレビ放送を見る機会が少ない海外の人にもNHKのコンテンツに触れてもらう機会を増やしたいと、1分間というスマートフォンでも手軽に見られる長さの動画コンテンツとして制作した。

 今回制作した番組は10本。「観光バスの乗り方」「電車のICカードの買い方」などのノウハウもののほか、「嵐山」「道頓堀」「天神橋筋」など外国人が多く訪れる観光スポットも紹介。田代アナは「普段当たり前と思っていることを番組として紹介するのは新鮮。外国人に説明することで改めて見えてくるものを感じた」と話す。竹下さんは「大阪だけでなく、全国各地で同じような番組の展開ができたら」と意気込みを見せる。