3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

都島区のリノベーション会社がマーケット 職人が「本気の遊び」で作る雑貨販売

chienoma marketが開催。革職人がつくるコースター

chienoma marketが開催。革職人がつくるコースター

  • 9

  •  

 都島区のリノベーション会社「チエノマ」(大阪市都島区都島南通1)が7月7日、雑貨の販売やDIYのワークショップ「chienoma market(チエノママーケット)」を開催する。

チエノマの弓場淳子さん

 2015(平成27)年9月の創業以来、顧客のライフスタイルに合った中古住宅のリノベーションを提供する同社。企画から施工、アフターフォローまでを一貫して賄う。ワークショップでは、職人が手作りするコースター、ティピ、照明器具、木工雑貨などを販売するほか、ディスプレーで使っていたインテリア雑貨メーカー「ダルトン」の商品も安く販売。ツールボックスのワークショップやリノベーションの相談会も開催する。代表の弓場淳子さん(43)は「雑貨や家具作りを通してお客さんが『おうち時間』を楽しく過ごすことにつながれば」と話す。

[広告]

 同社は以前から「ひらかぐマルシェ」など各地のイベントに出向いて出店したり、「枚方T-SITE(ティーサイト)」でライフスタイルイベントを主催したりしてきたが、自社の事務所で開催する「chienoma market」は初めて。弓場さんは「新型コロナの影響でほとんどのイベントが中止に。第2波を考えると今後も開催できるか不確定で、中止になるとキャンセル料が大きな出費になるので、自社での開催に踏み切った」と話す。

 現在同社の事務所は7日の実施に向けてさまざまなディスプレーが施され、イベント会場と化している。木材とコラボした照明器具など職人が手作りした一点物が数多く並ぶ。弓場さんは「普段の仕事ではなかなかできない、職人が本気で作る遊び心満載の雑貨を楽しんでもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~。ワークショップは作業時間30分前後、10時~、11時~、13時~、14時~、各3人ずつ、参加費2,000円(要予約)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?