3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

京橋のライブバーのテークアウトピザ好評 「営業再開後も続けるが忙しくなったら終了」

ナスと挽肉のピザ

ナスと挽肉のピザ

  •  
  •  

 京橋のライブバー「Hi-FIVE」(大阪市都島区東野田町5)のテークアウトのピザが好評だ。

安西崇さん

 注文を受けてから焼き始める同店のピザは普段から人気の高いメニュー。肉、シーフード、野菜などを客の好みに応じてトッピングする。30センチサイズで金額は店内価格と同じ1,400円。店主・安西崇さん(47)は「収入がない状態を続けるわけにいかないのでテークアウトを決めた」と話す。

[広告]

 2006(平成18)年5月25日に開店した同店。ライブを無料で実施できることから、ミュージシャンや音楽好きの客が集まる場として顧客を増やしてきた。2月後半、京橋のライブハウスで新型コロナウイルスの感染が確認されると、翌日からの予約がほぼキャンセルに。ライブはゼロ状態が続く中、5月15日からテークアウトを始めた。「ピザの箱を手に入れるのが大変だった」という。

 緊急事態宣言が解除された23日は、早くも常連の客たちが立ち寄りライブの復活を願っていた。「ピザのテークアウトはお客さんが戻って忙しくなるまでは続ける」と安西さん。14年の記念日について訪ねると「早くライブバーに戻って、来年は15周年をライブで祝いたい」と語った。

 現在の営業時間は17時~翌3時

Stay at Home

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?