食べる

京橋に立ち飲み店「さかば おやじ」 女性の一人客も

左から中野博之さん(60)仁木克巳さん(60)

左から中野博之さん(60)仁木克巳さん(60)

  •  
  •  

 立ち飲み店「さかば おやじ」(大阪市都島区東野田町3)が京橋にオープンして3カ月がたった。

特製からあげ

 JR京橋駅の東側、立ち飲み店が軒を連ねる「立ち飲みストリート」。学生のころから京橋になじみがあるという店長の中野博之さん(60)は「この立ち飲みストリートは昔と変わらない風景」と話す。

[広告]

 メニューは、「串揚げ」の豚、イカ、牛(以上150円)、シシトウ、ナス、玉ネギ(以上80円)、大山地鶏を使った特製唐揚げ(350円)、トリ皮、キモ、こころ、セセリ、もも肉(各200円)のほか、10種類以上の日替わり小鉢(100円)など。

 中野さんは最近まで京橋で居酒屋を経営していた。家賃が上がり経営が苦しくなっていたところ、店の常連客でゴルフ仲間だった出雲保男さん(72)に「京橋で立ち飲み店を始めるので店長をやらないか」と誘われ、引き受けたという。そこで、同じ常連でゴルフ仲間のよっちゃんさん(54)と仁木克巳さん(60)に声を掛け、手伝ってもらうことにした。2人は料理の経験は無いが、「中野さんが一から指導してくれるので、調理のスキルが身についた」と話す。よっちゃんさんは焼き鳥、仁木さんは揚げ物を担当するほか、日替わり小鉢のメニューも考えるという。

 オープンから3カ月、おやじ客ばかりかと思いきや女性の一人客もよく訪れるという。「最初は不安もあったが、昔からなじみのある立ち飲み屋と気さくな仲間に囲まれ、少しずつ浸透してきている感覚があり一安心」と中野さん。「これからはスタッフのアイデアを共有し、日々変化のある店にしたい」と意気込む。

 営業時間は11時~23時(火曜は17時~)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加