食べる

大阪城天守閣を見ながら食と文化を楽しむ「秋祭り」 巨大なこたつも

会場のイメージ

会場のイメージ

  •  

 大阪城天守閣の向かいにある複合施設「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」(大阪市中央区大阪城1)のレストラン・パーティ・ウエディング施設「THE LANDMARK SQUARE OSAKA(ザ ランドマーク スクエア オオサカ)」で10月19日、「秋祭り」が開催される。

複合施設「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」の外観

 テーマは「日本の秋祭り」。同施設は開業1周年を記念し、大阪城天守閣をバックに秋の食と文化を楽しめるイベントを行う。主催・運営のポジティブドリームパーソンズ(東京都渋谷区)の広報担当・増永知彦さんは「この施設のコンセプト『世界が共感するクールジャパンで国際都市のランドマークに。』に基づき、日本のクールさを現代風に再編集し、来場者に日本の良さを伝えたいと考えた」と話す。会場は同施設屋上の「BLUE BIRDS ROOF TOP TERRACE(ブルーバーズ ルーフトップテラス)」。

[広告]

 和太鼓や津軽三味線などの演奏、射的や輪投げなどのお祭りゲームも用意。フードは、「オマール焼きそば」やジャガイモにトリュフの香りを加えた「トリュフポテト」などのモダンにアレンジした屋台料理、団子やおでんなど秋を感じるメニューを用意する。大阪城に一番近い「スペシャルエリア」には約10メートルのこたつが登場。温かいこたつに入りながら、大阪城を眺めることができる。

 同会場では11日から「展望カフェ」として、日本酒スパークリングや抹茶、近江牛コロッケなど、茶屋感覚を楽しめるカフェメニューも販売する。

 増永さんは「大阪城に手が届きそうなほど近いロケーションを生かしたこのイベントは一見の価値あり。大人が楽しめる企画を多数用意しているので、皆さんの参加を楽しみにしている」と呼び掛ける。

 開催時間は18時30分~21時30分。参加費は1,000円。展望カフェの営業時間は11時~17時。入場料は1ドリンク付きで1,000円。営業は2019年2月28日まで。