天気予報

8

2

みん経トピックス

大阪城でイルミナージュ大阪城で「サンタラン」

京橋にサバ料理専門店「サバ―プラス」 遊園地のような店内「サバ―ランド」

京橋にサバ料理専門店「サバ―プラス」 遊園地のような店内「サバ―ランド」

「SABAR GO ROUND」と称した店内。遊園地をイメージして作られた。

写真を拡大 地図を拡大

 京橋に11月9日、サバ料理専門店「SABAR+(サバ―プラス)京橋店」(大阪市都島区東野田1、TEL 06-6358-5060)がオープンした。運営は「神明」(神戸市中央区)。

広報の田中さんと、石井店長

 サバにこだわる「SABAR」(本社=豊中市)と米卸の大手「神明」がコラボして実現した同店。「鯖(さば)や」のフランチャイズとして神明が直営する。店長の石井良明さんは「京橋は活気がある地域。どうしても京橋でやりたかった」と話す。

 京橋限定メニューは「金のいぶき玄米の炊きたてかまどご飯 de サバのひつまぶし」(1,138円)、「カリカリカラメルのお米のプリン アロス・コン・チェ」(380円)など6種類。グランドメニューは「とろさばの藁(わら)」焼き」(1,980円)、「しめさばのオニオンサラダ」(380円)、「さばの串焼き4種盛り」(980円)など、サバに掛けて38種類を用意。石井さんが米にこだわって仕入れた日本酒飲み放題(90分1,580円)も。

 「SABAR」は「鯖や」の右田孝宣社長が以前居酒屋で提供していた鯖ずしが「おいしい」と評判になり、「すし以外の食べ方を提供したい」とクラウドファンディングで資金を集め、2014年から展開を始めたサバ料理専門店。その頃から右田社長は「遊園地のようなサバーランドを作りたい」と考えていたという。今回、神明とコラボし念願を達成。入り口にバーを回転させて入るゲートや、サバの顔が付いたジェットコースター、メリーゴーラウンドの立ち飲みテーブルなど内装にこだわった。

 席数はサバに掛けて38席。「鯖や」の開発・広報担当の田中俊子さんは「サバがおっさんの食べ物というイメージを変えたい。子どもも女性もサバを食べることがかっこいい、体にいいと思ってもらえたら」と話す。

 営業時間は17時~23時38分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪城天守閣で企画展示 秀吉のさまざまな顔を紹介-秀吉のおいである秀次が高野山に流され切腹したときに家臣の雀部重政の介錯(かいしゃく)により切腹して果てた。その時に使われた刀(3階展示室)
[拡大写真]

VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?

アクセスランキング