天気予報

8

2

みん経トピックス

森ノ宮にグミ系うどん店大阪城にクラフトビール集結

京橋で「モテるまちづくり」読書会 著者来場、参加者とディスカッションも

京橋で「モテるまちづくり」読書会 著者来場、参加者とディスカッションも

「モテるまちづくり」著者の谷亮治さん

写真を拡大 地図を拡大

 京橋駅前の京橋グランドスペース(大阪市都島区東野田3、TEL 06-6353-3696)で10月2日、「モテるまちづくり」著者・谷亮治さん(37)による読書会が行われる。

「モテるまちづくりーまちづくりに疲れた人へ」

 同書は2014年12月に自費出版され、わずか1カ月で初版200冊が完売し、急きょ増版が決まった。内容は谷さんが「いかにしてまちづくりで飯を食うか」をテーマに4年間続けた研究会をまとめたもの。本が売れるにつれ、各地の読者が次々に読書会を企画。いつしか「モテまち読書会」と呼ばれるようになり、谷さんは55カ所、延べ1500人のまちづくり実践者たちと語り合った。そこで得た問いと答えを「純粋でポップな限界のまちづくり-モテるまちづくり2」として今月出版した。

 今回、京橋の「モテまち読書会」を企画したのは、「We Love京橋農園」「京橋こどもカレー食堂」など京橋のまちづくりに取り組む江川和宏さん(40)。「本はなかなか手に入らないので、この機会にまちづくりに関心がある人に知ってもらえたら」と呼び掛ける。

 谷さんは京橋に程近い大阪市鶴見区出身。「京橋は子どもの頃、大人のまちという印象だった。大人になった今も京橋で遊べているわけではないので、まだもう少し大人のまち」と話す。そんな京橋で初めての読書会。谷さんが本の大まかな内容を説明した後、それを基に参加者たちでまちづくりについて語り合う。

 参加費は1,000円。申し込みはフェイスブックで受け付ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪城天守閣で企画展示 秀吉のさまざまな顔を紹介-秀吉のおいである秀次が高野山に流され切腹したときに家臣の雀部重政の介錯(かいしゃく)により切腹して果てた。その時に使われた刀(3階展示室)
[拡大写真]

VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?

アクセスランキング