メニューやサービスを一新-生まれ変わった片町の立ち飲み店「キイロ」

ナポリ修行経験のある洋食担当の立田さん。女性に人気の立ち飲みスタイルの1階で

ナポリ修行経験のある洋食担当の立田さん。女性に人気の立ち飲みスタイルの1階で

  •  
  •  

 大阪市都島区の「片町酒場 キイロ」(大阪市都島区片町2、TEL 06- 6352-2855)が1月18日、リニューアルオープンした。

 同店が誕生したのは昨年3月。立ち飲み天国といわれる京橋の地で、女性を中心とする若年層をターゲットとした「女性一人でも気軽に使えるお洒落な店」として、界隈の注目を集めていた。

[広告]

 今回のリニューアルのメーンとなるのが、それまで380円や480円といった定額だったフードメニューを一新。そのため客単価は上がったが、「その分、料理には徹底的にこだわった。和食部門と洋食部門にそれぞれ担当シェフを分け、器や盛り付け、サービス提供姿勢にも心機一転を試みた」(店長の神田さん)という。

 「例えば、お造りは、安値の庶民的な居酒屋を想像されていたお客さんに、ここまで本格的なのかと驚かれる。居酒屋というより、割烹に近い感じ。でも、接客はあくまでもフランクに」(同)と、今回のリニューアル効果に自信を見せる。

 同店は1階が立ち飲みスタイル、2階が座敷で、1階メニューと2階メニューは異なったものを用意する。「気軽に使える1階と、ゆったりくつろげる2階は人気が二分している」(同)というように、客のニーズに合わせた柔軟な使い勝手の良さも魅力のひとつ。

 「おすすめ料理と言われると、全部ですね」という神田さん。一例として、「活赤貝造り」(980円)、「あん肝蒸し煮 柚子胡椒ジュレ仕立て」(680円)、「活大あさり浜焼き」(980円)などの和食メニューと、「完熟トマトのカプレーゼ」(580円)、「ナポリ伝統コロッケ」(580円)、「おまかせパスタ」(780円)などの洋食メニューを幅広くそろえる。ドリンクは、「生ビール」(480円)、「グラスワイン」(赤・白 各450円)なども用意する。

 京橋という街で飲食店を営む神田さんは「京橋のお客さんは、一度店を気に入ったら浮気をしない人が多い。だからこそ、初回来店ですべてが決まるといっていい。気合いが入ります」と意欲を見せる。

 系列店のイタリア料理「Ristorante Bar neiro(ネイロ)」(中央区高麗橋2、TEL 06-6228-7855)では、毎週木曜にライブを行っている。ジャズ・ファンクのジャンルで活躍するプロミュージシャンが出演し、食事と音楽の両方を楽しむことができる。

 営業時間は、1階=17時~24時、2階=17時~23時30分。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加