暮らす・働く

大阪城東区で七夕まつり-「城北川を天の川に」

短冊に願いを込めて結ぶ地元の人たち

短冊に願いを込めて結ぶ地元の人たち

  • 0

  •  

大阪市城東区の城北川で7月5日、「七夕まつり」が行われ、地元の住民たちでにぎわった。

ジャズが揺れる川面と短冊を演出

午後4時、鯰江中学校前のリバーサイドテラス(大阪市城東区今福東2)でジャズのコンサートが始まると、地元の人たちが集まってきて短冊に願いごとを書いて川辺に用意された紐に結び付けた。

[広告]

家族3人で訪れた区内在住の井上康之さん(38)は「城北川はとても美しいのでいつもジョギングコースに利用している」。妻の智子さん(37)は「沿道にはいろいろな植物が植えられていて、特に桜の時期には散策するのに最適」と話す。「願いごとコーナー」の他、同区のマスコットキャラクター「コスモちゃんと記念撮影」や「紙しばい」も行われた。

同イベントを主催した「アイラブ城北川実行委員会」の明石妙子副会長は「ジャズコンサートを行ったことで幅広い年齢層の方に参加していただいた。城北川が皆さんの願いをかなえる天の川になってもらいたい」と話した。

願いごとが書かれた短冊は今月10日まで同区役所に展示される。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?