見る・遊ぶ

大阪歴史博物館で「手塚治虫×石ノ森章太郎」展-貴重な原画など160点

展覧会の様子

展覧会の様子

  • 0

  •  

 大阪歴史博物館(大阪市中央区大手前4)で現在、特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」が開かれている。

再現された「トキワ荘」(関連画像)

 「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」で知られる漫画家の手塚治虫さんと、「サイボーグ009」や「仮面ライダー」を生み出した石ノ森章太郎さんの貴重な原画や映像作品など約160点を展示する同展。2人の歩みを紹介し、「戦後のストーリーマンガ」の誕生から、アニメ・特撮などメディアミックスに拡大する漫画の進展、国内外の現代アーティストにまで及ぶマンガの影響力を振り返る。

[広告]

 展示はプロローグに始まり、4部で構成。漫画が生まれた時代背景を写し出す記録映像や、2人の代表的なアニメーション、テレビシリーズの映像を展示。東京都豊島区にあった戦後の日本を代表する漫画家が集ったというアパート「トキワ荘」も会場内で再現する。

 開館時間は9時30分~17時(金曜日は20時まで)。火曜休館。入館料は、大人=1,200円、大学生・高校生=800円、中学生以下無料。3月10日まで。

  • はてなブックマークに追加

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース