暮らす・働く

大阪・今福の「えべっさん」、獅子舞「無病息災」願う住民でにぎわい

ササを受け取る参拝者

ササを受け取る参拝者

  •  
  •  

大阪の今福皇大(いまふくこうたい)神宮(大阪市城東区今福南2)で1月10日、商売繁盛を祈願する「十日戎(えびす)」が行われた。

獅子頭にかまれ、無病息災を願う

 毎年1月9日~11日に行われる祭り「えべっさん」。「恵比寿神(えびすのかみ)」を祭る神社の本家「西宮戎」(兵庫県西宮市)や商いの街大阪の中心にある「今宮戎」(大阪市浪速区)には、毎年全国から多くの参拝者が訪れる。京橋圏では、同神宮に商売繁盛の福ザサを求める地元住民が訪れにぎわいを見せた。

[広告]

 境内に今福恵比寿社が祭られている同神宮は、今福の集落ができた時からあり1000年以上の歴史があるという。住宅街にあるため、近隣住人やのぼりで同神宮を知りふらっと立ち寄る参拝者が多い。家族で訪れた自営業の森本さんは「ここのササを買ってから良くなった」、土地家屋調査士の上田さんは「ご飯が食べられているからご利益がある」と笑顔で話していた。

 毎年9日の「宵戎(よいえびす)」と10日の「十日戎」には、「民族芸能アンサンブル若駒」による舞台が披露され、今年で10回目を迎える。今回は刀ややりを持ち勇ましく舞う「猿田彦命の舞」、幸せを招くとともに厄病退治や悪魔払いをする「獅子舞」を披露。迫力のある舞台で見物に来た人たちを魅了した。舞台終了後には今年の無病息災を願い獅子が見物客一人一人の頭をかんで回り、多くの人が楽しんだ。

 小正月にあたる1月15日には、正月飾りをたき上げる「とんど祭」も行われる予定。

  • はてなブックマークに追加

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?