「白いたいやき」ブームの火付け役、福岡「藤家」が京橋に-初日2千個売り上げ

仕事帰り、帰宅途中のサラリーマンが購入していく姿も多い

仕事帰り、帰宅途中のサラリーマンが購入していく姿も多い

  •  
  •  

 「白いたいやき」ブームの火付け役となった藤家(本店=福岡県大牟田市)が展開する「たいやき本舗 藤家」の京橋店(大阪市都島区都島南通2、TEL 06-6926-0248)が2月16日、京橋中央商店街にオープンした。

 同店の「白いたいやき」最大の特徴は、生地のモチモチ感。初めて食べたという川口さんは「これはもはやたい焼きではなく、おもち!」と感嘆。モチモチ生地に使用する素材は「企業秘密」(店長の井上さん)で、「冷めてもおいしさが持続するよう工夫している」(同)という。

[広告]

 たい焼きは、一番人気の「黒あん」をはじめ、「カスタード」「チョコ」「抹茶あん」「白あん」「黒ゴマあん」(各130円)など、豊富な種類で味にバリエーションをもたせる。3月からは、ピンク色のたい焼き「サクラあん」も販売予定。

 京橋にオープンした理由は、「下町へのこだわり」(同)。「繁華街ではなく商店街。それが当店のターゲットと重なる。下町ならではの人とのつながりを大事にしたい」(同)とも。オープンから約10日経過した今、すでに常連客が増えてきているという。

 同店では、オープン初日から2,000個を売り上げた。「いろいろな店が出している白いタイヤキと味を比べてみてほしい」(同)と自信を見せる。

営業時間は11時~22時。

  • はてなブックマークに追加