3密を避けて新しい生活様式へ!

吉本新喜劇の宇都宮まきさん、地元京橋を語る-「京橋花月」PRイベントで

身振り手振りで楽しそうに話す宇都宮さん

身振り手振りで楽しそうに話す宇都宮さん

  •  
  •  

 今年秋オープン予定の「京橋花月」(大阪市都島区東野田町1)のオープニングキャンペーンとして5月22日~24日、大阪ビジネスパーク円形ホール(中央区城見2)でイベント「Go!Go!京橋花月」が4公演行われた。開催は、京橋花月の本格着工開始に伴うPR強化が目的。

 初日22日の開演1時間前には、チケットプレゼントの当選者が会場入口に、座席引換券の交換のため30人の列を作った。2時間前に来ていたという脇さん・松浦さんは「『よしもとサンサンTV』を見て応募した。サバンナのファンなのでうれしい。京橋花月には、いろんな人に出演してほしい。京橋は近いので、劇場ができたらまた来たい」と興奮気味に話した。

[広告]

 当日は、笑い飯をトップバッターに、土肥ポン太さん、とろサーモン、藤崎マーケット、たむらけんじさん、サバンナ、アジアンが続いた。3日間通して上演された「京橋コメディー」には、川畑泰史さん、宇都宮まきさん、お~い久馬!、野性爆弾、ヤナギブソン、清水けんじさん、ヘッドライトが出演し笑いを誘った。

 「京橋コメディー」に出演し、「京橋花月」のPR担当「京花ガールズ」リーダーも務める宇都宮まきさんは「地元京橋はにぎやかな街。長く住んでいる人が多いから、おっちゃん・おばちゃんが気さくに声をかけてくれ、下町・レトロって感じで大好きなので、ずっと住みたいと思う。こんな仕事をしているから、1回は東京で挑戦したいという気持ちはあるけれど、最終的には京橋に帰って来たい」と笑顔を見せる。

 「京橋では、週に2~3日だけやっているマグロの店『とよ』が好き。立ち飲みでワイワイするのが楽しい。京橋は地元なので、京橋花月ができることを友達も喜んでくれている。京橋は若者がわざわざ来る街やなかったけど、最近は駅前にお洒落な店もできているし、京橋花月ができることで沢山の人に来てほしいし、京橋を好きになってほしい」(同)とも。

 次回の「Go!Go!京橋花月」開催は6月26日。出演は、笑い飯、とろサーモン、スマイル、ダイアン、モンスターエンジン、ミサイルマン、ジャンクション。開演は19時30分~。料金は、前売り=2,500円(当日=3,000円)。

吉本興業が「京橋花月」PRイベント-3日間連続で4公演(京橋経済新聞)京橋コムズガーデンで「Go!Go!京橋花月in COMS」開催(京橋経済新聞)「京橋花月」開業前キャンペーンが半年の節目-ティーアップ、京橋を語る(京橋経済新聞)「京橋花月」オープン前キャンペーンが半年の節目~地元出身芸人も出演(京橋経済新聞)京橋花月準備室サイト

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?