見る・遊ぶ

「バーチャル大阪」に新エリア 吉村知事、松井市長のアバターも登場

「バーチャル大阪」に新しくオープンした「新市街」エリア

「バーチャル大阪」に新しくオープンした「新市街」エリア

  • 8

  •  

 都市連動型メタバース「バーチャル大阪」の新エリアオープンを受けて2月28日、カウントダウンイベントの上映会がKDDI大阪ビル(大阪市中央区城見2)で行われた。

カウントダウンセレモニーに吉村知事、松井市長のアバターが登場

[広告]

 2025年の大阪・関西万博に先立ち、大阪の魅力を国内外へ発信するために作られたインターネット上の仮想空間「バーチャル大阪」。同日、道頓堀や大阪城、海遊館、梅田スカイビルなど大阪のランドマークを凝縮した「新市街」エリアが実装された。KDDIの浅井利暁さんは「バーチャルならではのギミックも搭載している」と話す。大阪城や海遊館は、ジャンプを繰り返して頂上まで登るアスレチックゲームになっているという。

 「バーチャル大阪」内で行われたカウントダウンセレモニーには、吉村洋文知事と松井一郎市長のアバターが登場。吉村知事は「『バーチャル大阪』は、みんなで作り上げる競争の場として、進化し続ける。新市街エリアで、新しい大阪の街の魅力に触れてみてほしい」とバーチャル上で呼び掛けた。今後は、新しいランドマークの設置のほか、バーチャル内での音楽イベントの開催、実際に買い物体験ができる商店街のオープンも予定しているという。

 「バーチャル大阪」へは、VRデバイス、スマートフォン、PCから参加が可能。利用には、デバイスにアプリ「cluster」のインストールが必要。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース