食べる

ファン待望 「札幌スープカレーJACK」がもよん店open

お店の外観

お店の外観

  • 0

  •  

 城東区蒲生に4月26日、「札幌スープカレーjack」がもよん店(大阪市城東区蒲生3)がオープンした。 

店主の眞壁さん

[広告]

 西長堀の新町店に続く2号店としてオープンした同店。カレーはゴロゴロと入った野菜が特徴。野菜ごとに調理過程や火の通し方を変え、「最もおいしい状態で提供する」という。メニューは「チキンベジカレー」(1,180円)、「シーフードカレー」(1,350円)など。店主の眞壁敦士さん(35)の一押しメニューは「ココナッツスープの豚角煮ベジカレー」(1,280円)に「納豆」のトッピング(110円)。老若男女を問わず多くの人に利用してもらえるようにカレーの辛さを選べるようにした。

 22歳の頃、北海道で出合ったスープカレーの味に感銘を受けた眞鍋さん。「本場の味を大阪に持ち帰りたい」という思いから、勤めていた電気通信の会社を辞め、未知の飲食業界へ飛び込んだ。札幌で8年間のスープカレー作りの修業を経て、2018(平成30)年、大阪の西長堀で開業。複数の店舗展開を考えていた眞壁さんは、地元の「がもよん」に理想通りの物件を見つけ新規オープンに踏み切った。

 「がもよん店に新町店の常連客が訪れたり、待っていましたとオープンを喜ぶ声が聞こえたり、本当にうれしい」と眞壁さん。「大阪ではまだまだ知名度の低いスープカレー。JACKの味をもっとたくさんの人に広げていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時30分~15時、18時~20時、テークアウトは20時30分まで。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース