京橋ベロニカでランチを食べながら演歌ライブ─ チケット完売間近

ベロニカとしては画期的な企画となるランチタイム歌謡ショー

ベロニカとしては画期的な企画となるランチタイム歌謡ショー

  •  

 レストランとライブハウスを一体化させたエンターテインメントダイニング「BERONICA」(ベロニカ、大阪市城東区蒲生1、TEL 06-6939-9292)で4月12日、「KEN&MIKA京橋ベロニカ歌謡ショー」が行われる。主催はBEN企画。

出演者は、若林健二さん(ビクターエンターテインメント所属)と、さくま美華さん(ウィングジャパン所属)。定員100人の完全予約制だが、それぞれのファンの多さに加え、ランチを食べながら演歌を楽しめることから現在はほぼ完売という盛況ぶり。

[広告]

 同店は、昔の社交場のような重厚感あるニュアンスを感じさせる、大人の遊び空間。店内は食事とパフォーマンスを同時に楽しめるようひと味違った作りになっている。特に「団塊の世代の大人にもっとベロニカを愛してもらい楽しんでいただこう」(同店)と、昨年からこの世代に向けたさまざまなイベントを実施している。

 「昔ここで『ちょいワルファイターズ』っていう団塊世代のいわゆるオヤジバンドのライブが開催されて、それを見た時にすごく元気が出た。オヤジ世代の人たちが熱く演奏している姿はとてもパワーがある。これはいいなって正直思った」と同店の古賀さん。この世代の大人をもっと盛り上げていきたいという思いがそのままコンセプトになったという。

 昨今の演歌ブームや、昔の歌謡曲を新鮮と感じる若い世代が増えていることもあり、団塊世代のカルチャーが再び盛り上がることも期待できる。「これからどんどん大人の方に楽しんでもらえるようなものをやっていきたい。毎日の生活のプラスアルファに、ライブを見に行くという事もぜひ加えてみてほしい。今後は歌謡ショーのほかに、皆で一緒に歌える歌声喫茶のようなイベントや、河内音頭などもやってみたい」(同)とも。

 開催時間は11時30分~14時30分。料金は4,500円で、飲食代金は別途必要。

ベロニカ