3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

水都大阪をめぐる小型船「御舟かもめ」が運航再開 城東区の夫婦が運営

天満橋の八軒家浜船着場を発着する御舟かもめ

天満橋の八軒家浜船着場を発着する御舟かもめ

  •  
  •  

 城東区在住の中野弘巳さん(42)、かおりさん(39)夫婦が運営する小型客船「御舟かもめ」(TEL 06-7175-4200)が5月30日から、運航を再開した。

運営する中野弘巳さん・かおりさん夫妻

 天満橋の八軒家浜を拠点に水都大阪を巡る定員10名の遊覧船。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月7日より運航を見合わせていた。運行再開にあたり、複数のグループで相乗りとなるコースでは定員を10名から6名に減らしたほか、航行速度を落とし乗船時間を長くしたプランも用意した。弘巳さんは「2009年の運航開始以来、2ヶ月も運休するのは初めて。自分自身も外出自粛をして、改めて水の上で過ごす時間が貴重なものだと痛感した」と話す。

[広告]

 コロナの影響で売り上げは例年の1割で創業以来最悪に。かおりさんは「深刻な事態の中、救ってくれたのはお客様」と言う。4年前から販売している「ギフト乗船券」を常連客らがSNS上で紹介したのをきっかけに注文が増加。今年中の購入分に限り、使用期限を3年に伸ばし、5千円購入すると6千円分、1万円購入すると1万2000円分の乗船券を郵送で届ける。希望者にはギフト包装も。「すぐに乗船が難しい方は乗船券を購入頂いて、事態が収束した後に利用してもらえれば」。

 同船では、農園直送の野菜を使った朝食がセットになった「朝ごはんクルーズ」、中之島や大阪城などを遊覧する「昼の時間」、道頓堀を巡る「夜の時間」の3コースを設定。工場地帯へ向かう「ドボククルーズ」や、終夜航行する「OSAKA BOTEL」といった特別企画も開催している。貸し切りも可能で、飲食物を持ち込んで10名まで乗船できる。プロポーズや船上会議など、様々な用途で利用されているという。弘巳さんは「こんな時だからこそ地元の方に身近な水辺で気分転換をして水上の心地良さをゆったり楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 「朝ごはんクルーズ」=4,700円、「昼の時間」「夜の時間」=4,000円、貸し切りは10名まで、50分20,000円から。いずれも税込み、要予約。

Stay at Home

京橋経済新聞VOTE

あなたのお住まいはどちらですか?